WebMoneyの購入方法は?メリットやお得情報も紹介!

数多くの電子マネーが競合する中、比較的万人向きで使える店舗も多いとされるWebMoney。

MasterCardとほぼ同じ扱いができるということで、クレジットカードの代わりとして重宝している人も多いのではないでしょうか?

今記事ではWebMoneyの購入についての基礎知識やメリットなどについてお話していきます。

WebMoneyギフトはどこで購入できる?

WebMoneyギフトは全国のコンビニ・ドラッグストア・家電量販店・百貨店などのお店や、ネットにて購入が可能です。

まずは、WebMoneyを取り扱っている実店舗を一部紹介していきます。

  • コンビニ(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・デイリーヤマザキ・セイコーマート・ポプラなど)
  • ドラッグストア(ツルハドラッグ・ウェルシア薬局・コスモス薬品・マツモトキヨシなど)
  • その他のお店(auショップ・GEO・快活CLUB・イトーヨーカドー・自遊空間・アニメイト・フタバ図書・関西スーパー・HMV・TSUKUMOなど)

なお、お店によって取り扱っているWebMoneyの額面が異なりますので注意しましょう。

ネットでのWebMoney購入方法は3種類!

WebMoney公式サイトの「WebMoneyが買える場所」のページ下部に、ネットでの購入方法も掲載されています。

WebMoney公式サイトにおいては、クレジットカード・インターネットバンキング・auかんたん決済の3種類にて購入可能です。

それぞれの決済方法について詳しく説明していきます。

クレジットカード決済

WebMoneyをスマホから管理できるアプリ「WebMoneyカードケース」を通して、クレジットカードで決済する方法ですね。

使用できるクレジットカードは以下の通りになっています。

  • Mastercard全種
  • クレディセゾンVISA・JCB
  • UC発行のVISA
  • au WALLETクレジットカード
  • トヨタファイナンス発行のクレジットカード
  • エポスカード
  • 三菱UFJニコス発行のMUFGカード
  • DCカード
  • NICOSカードVISA

注意点として、クレジットカードはセキュリティコードが印字されているものを使用するようにしましょう。

また、クレジットカードでWebMoneyを購入する時の条件に「カード発行会社が提供する本人認証サービスに申し込みしている」というものがあります。

わかりやすく言うなら、クレジットカードの公式マイページのようなものです。

たとえばクレディセゾンなら「NETアンサー」、イオンクレジットなら「イオンネットメンバー情報サービス」、オリエントコーポレーションなら「eオリコサービス」などです。

インターネットバンキング決済

こちらも「WebMoneyカードケース」アプリ内にて、インターネットバンキングを通しWebMoneyを購入可能です。

利用できる金融機関は全国1000カ所以上にものぼり、多くの地方銀行・信用金庫・労働金庫・JAバンク・ネットバンクなどが対応しています。

有名どころでは以下の金融機関が対応しています。

  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • じぶん銀行
  • りそな銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行

もちろん上記以外にもまだまだあります。
自分が利用している銀行が対応しているかどうかは、チャージ申込み画面にて購入確定前に確認することができます。

auかんたん決済

こちらはauユーザーで、過去に「ウォレット」を作成している人のみが利用できる決済方法です。(ウォレットの新規作成自体は終了しています。)

「auかんたん決済」を利用することでウォレットにWebMoneyをチャージする方法です。

auかんたん決済を利用するには条件があって、auの通信料を口座振替もしくは以下のクレジットカードで支払っている人が該当します。

  • auじぶんCardセゾン
  • セゾンカード(AMEXブランドは不可)
  • 楽天カード
  • KCカード

また、auかんたん決済の限度額を超える金額をチャージすることはできません。

成人の場合ですと、au加入月数により5000円または10000円が限度額となります。

WebMoneyを購入するメリットって?

安全性が高い

WebMoneyはプリペイド型電子マネーの中では比較的安全性の高い電子マネーサービスです。

まず登録するのに個人情報の登録が必要ないので、個人情報の流出のリスクが少なく、個人情報について適切な保護措置を取れる体制を構築する事業である 「Pマーク」も取得しています。

クレジットカードとは違い個人情報の提出や審査手続きもないので、お年寄りや無職の人など、誰でも利用することができます。

年齢制限のあるコンテンツも排除しているので、子供用としても安心して使える電子マネーです。

実店舗での決済がスムーズに

WebMoneyはMasterCardの加盟店でも使用可能なので、いわばクレジットカードと似たような支払い方で利用することができます。

MasterCardは、クレジットカードの国際ブランドではトップクラス級なので使えるお店も非常に多いです。

全国のMasterCardクレジットカードが使える店舗ならどこでもWebMoneyを使うことができますし、決済するときにサインするだけでサクッと利用することができるのも便利です。

使えるオンラインサイトが国内トップクラス

WebMoneyは使えるオンラインサイトの数やジャンルが幅広いのもメリット。

アメーバ・GREE・ガンホー・ハンゲームなど300社以上で使えて、他にも各種ブログサイト・ショッピングサイト・音楽配信・動画配信・電子書籍などオールマイティに対応できる利便性の高い電子マネーです。

WebMoneyギフトカードは現金化もできる!

WebMoneyのチャージに使える専用ギフトカードは、なんと買取サイトでの現金化にも対応しています。

買取率もそこそこ高め。たとえば優良買取サイトの「金券買取EX (https://kinken-ex.com/)」においては、このような買取率となっています。

初回買取…87%
2回目以降…85.5〜86%
10万円以上の買取…86〜86.5%
30万円以上の買取…86.5〜87%

基本的に2時間もしくは4時間での即日スピード振込が可能で、振込までに時間をかける4時間プランですと、買取率も高めに設定されます。

まとめ

16桁のプリペイド番号を入力し、「お支払いを行う」というボタンをクリックするだけで決済できてしまうWebMoney。

クレジットカードを持っていない場合は特に重宝するプリペイド式電子マネーなので、興味のある方は購入を検討してみてください。