WebMoneyはコンビニで買える?使える?活用テクニックまとめ!

WebMoneyを買いやすい場所といえばコンビニで、特に大手コンビニチェーンのローソン・セブンイレブン・ファミリーマートであれば、カードタイプとシートタイプの両方を購入できるので便利です。

今記事では、コンビニでのWebMoneyの購入方法や使い方、その他活用テクニックなどについてお話していきます。

WebMoneyはコンビニでも買えるの?

WebMoneyは全国のコンビニ・ドラッグストア・ネットカフェ・スーパーなどで購入可能です。
特にコンビニは対応店舗が多く、以下のように様々なコンビニチェーンが対応しています。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート
  • ポプラ
  • NEWDAYS
  • コミュニティ・ストア
  • ハマナスクラブ

コンビニでのWebMoneyの買い方

WebMoneyギフトカードであれば、店頭に陳列されているカードをそのままレジに持って行き支払うだけでOKです。

しかしシートタイプのWebMoneyを購入する場合、店頭に設置されている専用端末の操作が必要で、コンビニによって端末や操作方法が変わってきます。

《例》
セブンイレブンの場合…マルチコピー機
ローソン、ミニストップの場合…Loppi
ファミリーマートの場合…Famiポート

指定の店頭端末でWebMoneyを選び「申込券」を発行したら、レジにて申込券を提示ししましょう。
申込券を渡して支払いを済ませたら、「プリペイドカード」と書かれた用紙を受け取って完了です。

この渡された用紙に記載されているWebMoneyのコードを使えば、買い物やチャージを行うことができるようになります。

コンビニで買ったWebMoneyギフトの活用方法

ネット上の指定サイトで使う

すべてのタイプのWebMoneyで使える最もポピュラーな使用方法が「インターネット決済」です。
ただし、どのネットサイトでも使えるという訳ではなく、ある程度使える先は決まっています。

その主な場所はWebMoneyが使える加盟サイトであり、詳しい加盟先はWebMoney公式サイトから確認することができます。

直接、加盟サイトに飛べるリンクが設置されているものもあるので便利です。

たとえばショッピングはもちろん漫画の購入&レンタル、音楽ダウンロード、オンラインゲームなど、ネットで楽しめる娯楽サイトが揃っているので、お好みの加盟サイトを探してみてください。

なお、WebMoney公式サイトに記載されている加盟店であっても、加盟店都合でWebMoneyの利用ができなくなっているサイトやサービスが含まれている可能性があります。

各加盟店のサイト等で、WebMoneyが使える状態にあるか事前に確認してから利用するようにしましょう。

コンビニで使う

WebMoneyを繰り返しチャージして使うことができる「WebMoneyプリペイドカード(旧:WebMoney Card)」はお持ちでしょうか?

WebMoneyプリペイドカードは、クレジットカードの国際ブランド「MasterCard」と提携しているので、MasterCardの加盟店でも使うことができるようになっています。

仕様上はチャージして使う普通のプリペイドカードですが、クレジットカードと同様の使用方法で支払うことも可能ということです。

なお分割・リボ払いといったものには対応しておらず、一括払いのみとなっています。
カード内のWebMoney残高が不足している場合、カードそのものが使えません。

そしてコンビニチェーンの多くはMasterCardの加盟店に含まれていますので、レジでの支払い時にWebMoneyプリペイドカードを提示するだけで、MasterCard一括払いと同じ対応をしてもらえるようになります。

少額のWebMoneyの消費方法

500ポイント以下の少額のWebMoneyが余ってしまった時、このような使い方もオススメです。

  • 「LINE Store」でスタンプを買う(1つ100ポイント)
  • 「Ameba」のゲーム内通貨購入に使う(100ポイント〜)
  • 「BookLive」で電子書籍を買う(1冊100ポイント〜)
  • 「ニコッとタウン」でアバターを購入する(100ポイント〜)
  • 「Mobage」でモバコインを購入する(100ポイント〜)
  • 「レコチョク」で音楽をダウンロードする(1曲50ポイント〜)
  • 「バンダイチャンネル」でアニメを観る(1話105ポイント〜)

WebMoneyギフトカードなら現金化も可能!

WebMoneyギフトカードはもちろん、Amazonギフト・楽天ポイントギフト・iTunesカードなど、一部の種類の電子マネーを買い取って現金化してくれる業者も存在します。

ギフトカードを現金化する方法のうち、主に安全性が高いものとしては「個人間売買サイトを利用する」「優良買取サイトを利用する」の2パターンがあります。

「個人間売買」による現金化

まず「個人間売買サイト」ですが、これは個人と個人のギフトカード売買をマッチングさせてくれる仲介サイトのような存在です。

販売したい金額(換金率)は自分で設定できるので、買いたいと思ってくれる相手が見つかれば、自分の希望する換金率での現金化が叶います。

しかし優良買取サイトの様に買取業者が買取を100%保証しているわけではないのがネック。
売れることを保証しているわけではないため、買い手にとってメリットのある換金率・条件でないとなかなか売れません。

いわばフリマのギフトカード版のようなものなので、換金してお金が手元に入ってくるまでには、どんなに早くても2日以上かかってしまいます。
よって、確実な取引および、即日即金を求めている方には向きません。

「優良買取サイト」による現金化

もっとも安全かつ早く現金化できるのが、きちんと古物商許可を取って営業している「優良買取サイト」を利用する方法です。

比較的高い換金率で、手数料もほぼ必要無く、その日のうちにお金を手にすることができるなど、売り手にとっては好条件での取引が可能です。

中でもオススメしているのが「金券買取EX(https://kinken-ex.com/)」で、WebMoneyの初回買取率が約87%と高め。

さらに2回目以降も買取率85.5〜86%、即日振込可能・24時間いつでも申し込みOKと、好条件での取引が可能です。

思い立ったらすぐ申し込んで、その日のうちに振り込んでもらえるので、手続きのシンプルさ・気軽さという面でも優良買取サイトによる現金化がベストではないでしょうか。

まとめ

WebMoneyはコンビニで簡単に購入できて、WebMoneyプリペイドカードがあればコンビニチェーン含むあらゆる加盟店でのお買い物にも使うことができます。

趣味に使う為にWebMoneyギフトカードを買い貯めしているけど、今月の生活費がピンチ!という場合、貯めているギフトカードを現金化することも可能です。

その時の状況によって、臨機応変に活用してみてください。