auかんたん決済を現金化するやり方とは?3つの方法と注意点も紹介!

auかんたん決済は、auのスマホやPCなどで購入したショッピング・サービスの料金を、毎月の通信料金と合わせて支払うことができるサービスです。

このauかんたん決済、なんと使い方次第では現金化することも可能で、緊急で現金が必要になった時の資金繰りにも応用できます。

今記事では、auかんたん決済の現金化の方法や注意点についてお話していきます。

「auかんたん決済」は現金化することができる?

「auかんたん決済」を始めとする携帯電話のキャリア決済現金化は、クレジットカードがない人でも後払いで商品・サービスを購入することができる便利なサービスです。

クレジットカードや消費者金融などの信用情報機関による審査と、携帯キャリアの信用情報による審査はまた異なります。過去に債務の未払いがあり、ブラックリストに入れられている人であっても、携帯のキャリア決済は利用することが可能なのです。

auかんたん決済の締め日は毎月月末になるので、毎月1日には利用可能額がリセットされる形になります。月末までに限度額の上限分を使い切っていても、翌月1日にまた利用上限額が使えるようになるということです。

ただし、auかんたん決済はあくまで信用の元に使うことが許されるシステムですから、支払いを延滞させてしまうと利用制限がかかります。

とはいえ、今や生活必需品であるスマホと連動で使えるシステムなので、そうそう払い忘れることもありません。支払い金額が大きくなりすぎないよう、使い過ぎに注意する癖も付きます。

銀行や消費者金融から借入するよりも、はるかにリスクの少ない資金繰りテクニックです。

「auかんたん決済」を現金化する詳しいテクニック

auかんたん決済の現金化は主に「auウォレット」を使う方法がメジャーとなっています。

auウォレットはKDDIが発行するカードで、金額チャージされたauウォレットは、MasterCardのロゴのあるお店やサイトで利用可能です。auウォレットはプリペイドカードなので、審査は一切なく誰でもカード発行できます。

auウォレットはauかんたん決済に比べて提携サイトが多く、auかんたん決済が使えないサイトで買い物をしたい場合であっても、auウォレットにチャージすれば利用できるパターンが多いです。

たとえばAmazon公式サイトでAmazonギフト券を買う時、auかんたん決済で支払いをすることはできません。しかし、auかんたん決済でチャージしたauウォレットなら、Amazonギフト券の購入も可能になります。

そうして購入したAmazonギフト券を、「金券買取EX(https://kinken-ex.com/」などのギフト券買取サイト経由で現金化すればOKというわけです。

デメリットとしては、auウォレットカードを発行する手間がかかることと、auかんたん決済でチャージしてもウォレットポイントは貯まらないという点でしょうか。

さらに注意点として、もしauウォレットを持っていない場合は新しく発行しなければなりません。発行には10日ほど時間がかかってしまうので、早急に現金化したい場合には向かない方法です。

auオンラインショップなら、auかんたん決済で購入できる

auオンラインショップでは、スマホで使用可能な電子ギフトApp Store&iTunesギフトカード、またはGoogle playカードを買うことができます。この時auかんたん決済を使って買うこともできるので、これでギフトコードを購入して現金化することも可能です。

この方法であれば、auウォレットにチャージする手間も省けますし、状況によって即日換金も可能になります。

Apple Storeなら即日換金も可能

もう一つ、iPhoneやiPadを持っている人であれば、AppStoreでauかんたん決済を使いコードを購入する方法もあります。この方法であっても、その日の内の換金が可能です。

やり方としては、まずAppStoreの支払い方法に「auかんたん決済」を登録します。それからAppStoreでApp Store&iTunesギフトを購入し、購入したApp Store&iTunesギフトカードを「金券買取EX(https://kinken-ex.com/)」などの買取サイトで現金化すればOKです。

auかんたん決済を現金化する時の注意点

3万円以上の決済は控える

auかんたん決済を現金化したいという人は、たいていの場合お金に困っているケースが多いでしょう。手元にお金が無いと、ついつい高額のギフトコードを購入しがちですが、3万円以上のギフトコードの購入にはある落とし穴があります。

まず3万円を超える高額決済は、セキュリティの仕様上購入に時間がかかる可能性があり、サイトによっては何日か待たされることも少なくありません。

少し面倒ではありますが、できれば3万円未満のギフトコードを複数回に分けて購入するようにしましょう。「少ない額面を複数回に分けて購入」は、ギフトコード現金化の基本です。

料金の支払い遅れは厳禁

携帯通信料金の支払いが遅れると、auかんたん決済の利用代金の支払いも遅れることになります。つまり延滞の罰として利用制限がかかる場合もあるのです。また、以降の利用限度額が減額されることも。

最悪のケースだとauかんたん決済が利用停止になってしまったり、auかんたん決済の限度額が最低金額まで引き下げられてしまうこともありえます。

さらに何度も延滞を繰り返すと、auの携帯電話自体を強制的に解約させられるという恐怖の事態に。

第三者に個人情報を教えない

近年ではキャリア決済やギフトカードの現金化業者がたくさん存在しますが、その全てが優良店とは限りません。中にはau IDの情報や、携帯電話の4桁の暗証番号を聞き出そうとする悪徳業者も存在するのでご注意を。

auかんたん決済を利用する時はau IDが必要になりますが、キャリア決済現金化をする上で、ギフトコードの購入・売却手続きはすべて自分で行います。

つまり、業者側がau IDの情報や暗証番号を知る必要性は一切ありません。あくどい手口でau IDや暗証番号など深い個人情報を聞き出してくる業者には関わらないようにしましょう。

まとめ

auかんたん決済を現金化するなら、以下の3つの方法を使ってギフト券を買うのがオススメです。

  1. auかんたん決済を使ってauウォレットにチャージし、Amazonギフト券を購入
  2. auオンラインショップで、支払い方法をauかんたん決済にしてギフトコードを購入
  3. AppStoreで、支払い方法をauかんたん決済にしてギフトコードを購入

購入したギフト券は「金券買取EX」などの、優良買取サイトを経由することで、高い換金率での即日現金化が可能です。

「給料日までまだ何日もあるのに、通帳の残高が1000円も無い!」など、緊急事態の一時しのぎとしてはとても重宝する資金繰り方法なので、ぜひ参考にしてください。