楽天ポイントの意外な交換方法とは?お得な裏技も紹介!

楽天ポイントの交換方法はバリエーションが少ないと言われていますが、実は使い方次第であっと驚く意外な活用テクニックもあることをご存知でしょうか?

今記事では、楽天ポイントの主な交換方法や、お得で意外な活用方法などについてお話していきたいと思います。

楽天ポイントを交換する方法

まずは、楽天ポイントの基本の交換方法からピックアップします。

楽天ポイントは意外と交換先が少なく、主な交換先としては、以下の2種類になるケースが多いです。

楽天Edyに交換

同じ楽天サービスであり、楽天の電子マネーである「楽天Edy」に交換するのが、現時点では最も有用な活用方法と言えます。

電子マネーである楽天Edyにポイントを移すことで、コンビニでサッと買い物をしたい時などに便利です。小銭の代わりとして使い、小銭は貯金箱に入れるなどの節約テクニックを試している人もいます。

ちなみに楽天Edyは1ポイント=1円で交換可能です。レートが等価なのはお得感があります。

さらに時々交換キャンペーンも開催されていて、楽天スーパーポイントからEdyへ交換後、受け取りをした時点で交換額の3~5%分のEdyがプレゼントされるので、キャンペーンをうまく利用してEdyを貯めやすくするテクニックもあります。

注意したいのが、楽天ポイントを楽天Edyへ交換する場合、おサイフケータイまたはEdy機能付き楽天カードを用意しなくてはならないという点です。

楽天カードは、他のクレジットカードに比べたらポイントが貯まりやすくオススメなので、楽天ポイントを効率的に運用したいなら作っておいて損はありません。

楽天市場や楽天グループを使う人はもちろん、普段のクレジットカード利用だけでも思った以上にポイントの貯まるスピードが早いのが特徴です。

ANAマイルに交換

ANAの飛行機をよく利用する人にとってはありがたい交換先とも言えるANAマイルですが、いくつか交換ルールも定められています。

交換レートは楽天ポイント2ポイント=ANAマイル1ポイントです。しかし、1回につき交換できるポイント上限は1000ポイントというルールも設定されています。

さらに月々の交換上限も20000ポイントと定められている為、大量の楽天ポイントを一度に交換するという使い方はできないようになっているのがネックです。

続けての交換ができないのもデメリットで、一回交換したら、次の交換までに24時間以上時間を空ける必要があります。

楽天ポイントでANAマイルを貯めたい人は、上記のルールをよく熟知してから取り組むことが大切です。

楽天ポイントをお得に交換するテクニック

上記以外にも楽天ポイントをお得に交換するテクニックがいくつかありますので、ピックアップしていきます。

HAPPYポイントグッズ(お買いものパンダグッズ)と交換

楽天ポイントは、楽天のオンラインサイトにてHAPPYポイントグッズ(お買いものパンダグッズ)と交換することも可能です。

交換可能なアイテムは定期的に入れ替わり、人気アイテムは完売してしまっている時もあるので、お買いものパンダグッズを狙っている人は、定期的に交換ページをチェックしておくことをオススメします。

何気に実用的なアイテムが揃っているので、楽天ポイントが余っている場合は集めてみるのも一興です。

一例としては、このような商品があります。

  • ふせんセット(3種類)…500ポイントで交換
  • ランチボックス…1300ポイントで交換
  • ボールペン…500ポイントで交換
  • シャープペン…500ポイントで交換
  • リングノート(B6サイズ)…500ポイントで交換
  • マスキングテープセット…550ポイントで交換
  • ポーチ…800ポイントで交換
  • コンパクトミラー…1000ポイントで交換
  • IDケースホルダー…1500ポイントで交換
  • モバイルバッテリー…2300ポイントで交換
  • スープボウルセット…3500ポイントで交換
  • お買いものパンダ&小パンダ ぬいぐるみセット…4000ポイントで交換

楽天Edyに交換後、Amazonギフトを購入

一見、楽天のポイントでAmazonのギフトカードなんて買えそうにないものですが、実はちょっとした裏技を駆使することで楽天ポイントをAmazonギフトに交換することが可能です。

手順をざっくり書くとこのようになります。

  1. 楽天ポイントを楽天Edyに交換
  2. オンラインストアのAmazon内にある、Amazonギフト券の購入ページに移動
  3. 欲しいAmazonギフトを選び、支払い方法を「楽天Edy」にする

たったこれだけ、とっても簡単です。
なお、Eメールタイプと印刷タイプのAmazonギフトは楽天Edyでは購入できないので注意。

ちなみにコンビニではシートタイプ・カードタイプのAmazonギフト券が販売されていますが、楽天Edyはもちろん電子マネーでの支払いができない仕様になっています。

楽天ポイントギフトがあるなら、現金化もアリ

楽天ポイントのギフトカードを持っている場合は、買取店を経由して現金化することも可能です。

現金化するにも様々な方法があり、店頭買取・ネット買取・オークションやフリマでの出品などが主になります。

しかし買取率の高さや、トラブル予防など安全性の高さを考慮するなら、「優良サイト経由でのネット買取」が一番オススメです。

また、先ほど紹介した「楽天ポイントを実質Amazonギフトに交換する方法」で、Amazonギフトに変えてから現金化するのもアリです。

Amazonギフトと楽天ポイントギフトの買取率はそう大きく差がないとされていますが、優良買取サイト「金券買取EX (https://kinken-ex.com/)」であれば、初回に限り買取率がこのようになっています。

  • Amazonギフト…93%買取
  • 楽天ポイントギフト…89%買取

4%の差はなかなか大きいので、面倒でなければまず楽天ポイントギフトを楽天Edyにチャージし、それからAmazonギフトを買って換金するというのもアリです。

また、楽天ポイントギフトに含まれている楽天ポイントの有効期間は、お店で購入してから6ヶ月になります。
期限が切れそうな楽天ポイントギフトをAmazonギフトに変えることで、実質有効期限を伸ばすといったテクニックにも使えます。

まとめ

楽天ポイントの交換先で特にオススメと言えるのは、用途の幅が広い楽天Edyへの交換ではないでしょうか。

楽天Edyは、楽天のクレジットカードを持っている場合さらに使い勝手が良くなり、ポイントも貯まりやすいので、楽天ユーザーの人はぜひ検討してみてください。