au WALLETの特徴・機能・発行方法などについてまとめて解説!

主にauユーザーを対象とした決済サービスであるau WALLET。世界約3,900万以上のMastercard加盟店やWebMoney加盟店でのお買い物で使える便利なプリペイドカードです。

今記事では、au WALLETの基本特徴・機能・発行方法などについてお話していきます。

au WALLETの特徴・機能

まずはau WALLETの基本スペックからご覧ください。

  • 年会費無料
  • 発行可能年齢12歳以上
  • チャージ時のポイント還元:1.0%
  • ショッピングポイント還元:0.5%

年会費無料で持てて、ポイント還元機能もついています。一般的なクレジットカードと違って12歳から持てるのも強みで、これは事前に入金するプリペイドタイプのカードであるからという理由が大きいです。

MasterCardやWebMoneyが使えるお店で、クレジットカードとほぼ同じように決済できるのも特徴。コンビニ・飲食店など比較的利用シーンの多いお店や、インターネットサイトでのお買い物にも使えるので便利です。

また審査不要・発行手数料無料・年会費無料なので、クレジットカードの審査が通りにくい人でも申し込みやすいのもメリットですが、基本的にauユーザーの人しか持てないという制限もあります。

具体的には「au携帯電話」または「auひかり/auひかり ちゅら」の契約が登録されたau IDを持っていることが利用条件です。

WALLETポイントが貯まる!

au WALLETカードで買い物すると利用額200円に対して1ポイントの「WALLETポイント」が付与されます。貯まったポイントをau WALLETカードにチャージすることで、次のお買い物に使うことが可能です。

ポイントが付与されるタイミングはサービスや加盟店により異なり、中には最大2ヶ月程度かかるところもあります。

ちなみにWALLETポイントはau WALLETだけでなく、以下の方法でも貯めることが可能です。

  • 毎月のau携帯電話、auひかり等の固定電話などの通信サービス
  • 特定のアプリやサイトへの無料登録など
  • 提携サービスやクレジットカードなどの他社ポイントからの交換

au WALLETのアプリがあるとさらに便利

au WALLETやau PAY、au WALLETクレジットカードなどをまとめて管理できる専用アプリ「au WALLET」をダウンロードしておくことで、au WALLETをより便利に使えるようになります。

具体的にはチャージ・残高確認・WALLETポイント残高確認・入出金履歴・使えるお店の確認などですね。これらの操作はアプリを立ち上げるだけで行うことができるので、スマートフォン世代の昨今において必須のアプリとも言えます。

また「au PAY」という機能と紐付けしていることで、au WALLETカードを持っていなくてもアプリ画面に表示された支払い用バーコードを使って簡単に決済することも可能です。

au WALLETの発行方法

au WALLETの発行手順は非常に簡単で、au WALLETのサイトやアプリ、auショップから申し込むことが可能です。

公式サイトの「新規申し込み」へアクセスし、お客様情報・auサービス契約住所・請求書送付先住所などの個人情報を入力するだけでOK。前述したように、クレジットカードのような厳しい審査もありません。

申し込んでから約1週間程度でカードが手元に届くので、届いたらまずは利用開始の初回手続きを行う必要があります。パソコンやスマートフォンなどを使ってカードとアカウントの紐付けを行う操作です。

au WALLETは事前に支払うプリペイドタイプの決済カードなので、もちろんカードが届いた状態では1円もチャージされていません。よって最初に使う分も入金する必要があります。

基本的にはauショップやau WALLETのウェブサイト・スマホアプリ経由でチャージ操作が可能です。支払い方法は以下のどれかから好きな方法で行ってください。

  • auショップで現金チャージ
  • auかんたん決済で、月々の料金と合算してチャージ
  • クレジットカードでチャージ
  • WALLETポイントからチャージ
  • じぶん銀行の預金残高からチャージ

ちなみにお得なテクニックとして、au WALLETのウェブサイトかスマホアプリ経由でauかんたん決済・じぶん銀行・クレジットカードのうちどれかの方法でチャージするというものがあります。

この方法であれば、チャージ時に付与されるクレジットカードポイントと、auウォレット利用時のポイントを二重取りすることが可能です。

au WALLETのよくある質問・注意事項

auユーザーでなくなったら使えなくなるの?

au WALLETカードはau携帯やネットのサービスを解約した後も、引き続きプリペイドカードとして使うことが可能です。ただしauサービスの利用料金に応じたau WALLET ポイント付与等の特典はなくなってしまいます。

チャージも基本的にはauショップでの現金チャージしか対応できず、au WALLETアプリや公式サイトからの残高確認ができなくなるので(WebMoneyサイトからなら確認可能)、少し不便になってしまうのは確かです。

利用者登録していても申し込める?

auには「利用者登録制度」というものがあり、これは契約者と利用者が違う場合に、利用者の氏名および生年月日を登録することが出来る制度になります。

たとえば親が契約者で利用者が子供などの未成年の場合など、決済の利用限度額などの判定ができるよう利用者登録制度を使うケースが多いです。なお利用者として登録できるのは「家族」のみとなります。

au WALLETカードは複数持てるの?

基本的には1つのau IDにつき、1枚のau WALLET プリペイドカードしか持てません。
ただし1つのau IDでau WALLETプリペイドカードとau WALLETクレジットカードの両方を持つことはできます。au WALLETクレジットカードからau WALLETプリペイドカードへのチャージも可能です。

まとめ

au WALLETはauユーザーならぜひ活用したいプリペイドカードで、MasterCardおよびWebMoneyの加盟店で使えるので、利用できる場所が非常に多いのが強みです。

専用アプリ「au WALLET」をダウンロードして、au PAYとも紐付けしておくとより使いやすくなるので、こちらも活用してみましょう。