ソフトバンクカードの基本情報!発行方法やメリットは?

Tポイントとの連携がとっても便利な、ソフトバンクユーザー向けのサービス「ソフトバンクカード」。持っているといったいどのようなメリットがあるのでしょうか?

今記事ではソフトバンクカードの基本特徴や発行方法、メリットなどをまとめてお届けしたいと思います。

ソフトバンクカードの基本特徴

ソフトバンクカードは、年会費無料で利用金額に応じてTポイントが貯まるプリペイドカードです。Tカードと一体型のVisaカードの為、Tポイントを貯めたり使ったりすることもできます。

プリペイドカードなので、事前にアプリやウェブなどから自分でチャージする形になりますが、クレジットカードと同じようにVisaの加盟店で使うことが可能です。

審査不要で12歳以上から申し込みOK

ソフトバンクカードは、全国のソフトバンクショップまたは、webサイトから申し込むことができます。

ソフトバンクユーザーであれば12歳以上から申し込むことが可能です。審査不要で発行手数料も無料なので、申し込んだ当日から使えるようになります。

前もってチャージしておいた金額だけ使えるプリペイド仕様なので、使いすぎる心配は無いですし、クレジットカードなどでありがちな「気付かないうちに使いすぎてしまった」という心配もありません。

チャージ方法や使い方

ソフトバンクカードを使う時は残高を前もってチャージする必要があり、チャージした残高のことを「バリュー」と呼んでいます。チャージした「バリュー」は国内・海外合わせて3,800万店のVISA加盟店で、クレジットカードと同じ使い方で支払いに使うことが可能です。

具体的にはレジ等での支払い時に店員さんにソフトバンクカードを渡し、支払い方法は「1回払い」と伝えます。店舗によってはレシートへの自筆サインも必要になります。

ソフトバンクカードのアプリも!

iPhoneやAndroid向けにソフトバンクカード専用アプリもあり、こちらをインストールしておくことでソフトバンクカードがより使いやすくなります。

利用明細の確認やチャージがすぐにできるので便利ですし、AIで自動的に家計簿が作成されるという素晴らしい機能まで。貯まったTポイントの確認もしやすいので、ソフトバンクカードをより快適に使うためには必須とも言えるアプリです。

ソフトバンクカードの発行手順

ソフトバンクカードは、インターネットサイトもしくは全国のソフトバンクショップで申し込むことが可能です。ただし、クレジット機能(おまかせチャージ)の申し込みは、2019年2月27日をもって終了していますのでご注意を。

また、ソフトバンク取扱店にソフトバンクカードの在庫がない場合は後日郵送となります。カードが届き次第使うことが可能です。

インターネットで申し込む場合

  1. インターネットの「My SoftBank」からソフトバンクカードを申し込みます。
  2. ソフトバンクカードの登録完了メールが届きます。
  3. 届いたソフトバンクカードを受け取ったら、まずは必ず裏面に「サイン」をしてください。署名のないカードは使えないので注意。
  4. My SoftBankにログインし、カード会員専用ページで、カード暗証番号の設定手続きをします。

ソフトバンクカードの暗証番号は、駅の券売機や海外のATMなどを利用する場合などに必要になってくるので必ず設定しておきましょう。「ご登録情報」メニューから設定可能です。

店頭で申し込む場合

店頭での申し込み手続きは、基本的に店員さんにお任せする形で滞りなく進められると思いますが、念の為手順を記載しておきます。

  1. カードデザインを選びます。ソフトバンクCMのお父さん犬デザインか、シックなブラックの2パターンから選べます。(片方の在庫がない場合もあります)
  2. 契約に必要な書類等の確認をします。契約に必要な書類の一例としては、以下のものが該当します。
    ・運転免許証
    ・日本国パスポート
    ・個人番号カード(マイナンバーカード)
    ・健康保険証
    ・身体障害者手帳
    ・住民基本台帳カード
  3. ソフトバンクカードの会員規約と、「お申込み・ご利用の注意事項」の内容をスタッフと一緒に確認し、署名します。
  4. ソフトバンクカードのTカード番号と、携帯電話番号を連携させます。これにより、携帯電話の通信料で貯まるポイントと、ソフトバンクカードの利用で貯まるポイントがまとめられるようになります。
  5. 上記のステップがすべて終わったら、ソフトバンクカードを受け取り手続き完了です。

ソフトバンクカードを持つメリット

TSUTAYAのレンタル登録が無料になる

ソフトバンクカードを提示するとTSUTAYAの入会金・年会費が無料になる他、更新手続きも省略できます。ただし、ソフトバンクカードを更新する場合に再入会の手続きは必要です。

Tポイントが貯まりやすくなる

ソフトバンクカードはTカード一体型Visaプリペイドカードの為、VISAのマークがあるお店でプリペイドカードとしてお支払いができるのはもちろん、Tカードのポイントカード機能も使えます。

VISA加盟店でソフトバンクカードを使うことで、支払い額200円(税込)ごとにTポイントを1ポイント貯めることができます。還元率で言うと0.5%です。

また、Tポイント提携先でソフトバンクカードを提示することでもTポイントが貯まり、貯まるポイント数はお店によって違います。Tポイント提携先でソフトバンクカードを使って支払うと、Tカードの提示分と支払い金額分と、どちらのTポイントも貯められ、いわば2倍取りができる為お得です。

Apple Pay も使える

ソフトバンクカードを前もってApple payに登録しておくと、「iD」のマークの付いたお店でも使えるようになります。つまりソフトバンクカードはプリペイドカード・電子マネー・ポイントカードの3つの機能があるということです。

まとめ

ソフトバンクユーザーなら、ソフトバンクカードを作っておいて損はありません。Tポイントは比較的貯めやすく使いやすいポイントサービスで、Tカード加盟店舗はもちろん、ヤフーショッピングなどの大手通販サイトでも使える点がお得です。

比較的加盟店舗の多い国際ブランドVISAのカードであることも、使いやすいポイントです。ぜひ専用サポートアプリをダウンロードしてから活用してみてください。