詐欺対策!コンビニのAmazonギフトが買取できない理由

Amazonギフトと言えば、単にAmazonのお買い物で使うだけではなく、買取サイトで現金化することができるのも魅力の一つ。

とは言っても、どんなタイプのAmazonギフトでも買取可能という訳ではなく、ギフト券のタイプによっては買取不可のものも存在します。

具体的には、コンビニや家電量販店で購入したAmazonギフト券は買取が難しいとされています。
ですが、買取不可になってしまう理由とは一体何なのでしょう?

今回は上記の点について言及していきたいと思います。

コンビニで買ったAmazonギフトのコード番号に注目!

まず、コンビニで買うAmazonギフト券は次の2つのタイプであることがほとんどです。

  • カードタイプ
  • シートタイプ

この、コンビニや家電量販店で購入するAmazonギフト券には、Amazon等の通販サイトで買うギフト券とはある「違い」があります。

とは言っても外観は全く違いはありません。
注目するべきは「コード番号」です。

コンビニや家電量販店で購入するカードタイプのAmazonギフト券は、コードの頭文字が「AQ」から始まり、シートタイプの方は「WA」から始まります。

そしてこのコード頭文字が「AQ」「WA」のAmazonギフト券は、買取対応を行っていない買取サイトが多いです。

厳密に言うならメルカリやヤフオクなどのサイトで、個人間で売買したカードタイプのAmazonギフトであっても、コード頭文字が「AQ」「WA」なら買取不可ということになります。

ちなみに、Amazonのサイトで購入するカードタイプのギフト券コードの頭文字は「AS」から始まり、グリーティングカードタイプなどによく見られます。

では、なぜ頭文字「AQ」「WA」のカードタイプのAmazonギフトは買取ってもらえないのか?

その点については次の項目で詳しく説明していきます。

どうしてコンビニのAmazonギフトは買取不可なのか?

主にコンビニ等で販売されるカードタイプ及びシートタイプ、つまりコード頭文字が「AQ」「WA」であるAmazonギフト券が買取不可であるその理由。

それは、「Amazonギフト券を使った詐欺被害」の影響によるものに他なりません。

電子マネー詐欺にAmazonギフト券が使われやすい

かつて「振り込め詐欺」というものが流行りましたが、最近ではこれの派生型とも言える「電子マネー詐欺」なるものも発生するようになりました。

たとえばこのようなものが代表的です。

  • アダルトサイトの架空請求
  • 悪質出会い系サイトの登録料詐欺
  • 援助交際サイトなどの資産譲渡持ちかけ詐欺
  • 仮想通貨の購入詐欺

上記のような詐欺請求の取り立てにAmazonギフト券が使われるケースがあります。
現金で振り込ませる代わりに、Amazonギフト券番号をメール等で送らせるという手口です。

直接銀行口座にお金を振り込ませるより、警察の追跡から逃れやすいなどの理由から、あえて現金ではなく電子マネーギフトを送らせるのです。

もちろん上記の手口で入手したAmazonギフトは、買取サイトなどを通じて換金されます。
数ある電子マネーの中でも、買取サイトの買取率が比較的高めであるAmazonギフト券は、特に詐欺の手口で使われやすいとされているのです。

詐欺に使われるAmazonギフト券はコンビニにあるカードタイプが最多

詐欺グループは被害者に「Amazonギフト券をコンビニで買って、コードを送ってください」と指示するケースが多いとの事。
詐欺グループによってはシートタイプを指定するケースもあります。

比較的コンビニのカードタイプやシートタイプに被害が集中していることから、大手買取サイトではコード頭文字「AQ」「WA」のギフト券の買取を禁止する所が増えてきました。

またコンビニ側でも対策がなされているようで、コンビニによっては高額なカードタイプのギフト券の販売を中止している所もあるようです。

注意!Amazonギフト券詐欺にはこんなパターンも

架空請求詐欺の対策が功を奏し、大量の電子マネーが困難になったことで、詐欺の件数も減少しつつあります。

しかしその裏側で、「チャージタイプのAmazonギフトとコンビニのマルチメディア端末」を利用した新たな詐欺手口も生まれてきているのです。

コンビニのマルチメディア端末と言えば、シートタイプのAmazonギフトを購入する為に使われがちですが、本来ならこちらも詐欺対策がされている為、そう簡単に高額の購入はできなくなっています。

よってカードタイプの様に、「シートタイプを購入させてコード番号を送らせる」といった手口を使う詐欺グループは少しずつ減ってきました。

しかしその代わりの新たな詐欺手口として、以下の手順でチャージタイプのAmazonギフト券を悪用するケースが判明しています。

  1. 有料動画などの架空請求で、被害者に支払い方法と支払い番号を伝える(これがAmazonギフト番号)
  2. 被害者にコンビニのマルチメディア端末から支払い用紙を印刷させる
  3. 印刷した支払い用紙を被害者がレジで会計することで、詐欺グループのAmazonアカウントにチャージ額が入金される

要は、詐欺グループが事前に購入したAmazonギフト券の購入代金をコンビニ決済にして、いかにも普通の請求を装い被害者に支払い番号を伝え、払わせているという形になります。

もちろん被害者側は、まさか自分がAmazonギフト券の購入代金を支払わされているなんて思いません。
かなり巧妙な手口ですが、本当に存在するトラブルです。

「本当にこんなに素直に払ってしまうものなの?」と思ってしまいますが、有料動画の未納料金の支払いの催促など、もっともらしい理由をつけることで案外騙されてしまう人もいるようです。

もっと信憑性の高いケースとしては、Amazon公式サイトを装って未納金などの架空請求を行う事例もあります。

まとめ

さて今回は、主にAmazonギフト券にまつわる詐欺被害についてお話させて頂きました。

基本的には、コード頭文字「AQ」「WA」のカード及びシートタイプのAmazonギフト券は買取が難しいという認識でOKです。

他に買取できないタイプはあるのか?またどのタイプのAmazonギフトなら買取できるのか?という点を詳しく知りたい方は、買取サイトに問い合わせてみましょう。

金券買取EX(https://kinken-ex.com/

Amazonギフト券は詐欺手口に利用されやすい電子マネーなので、個人間での売買は極力控えておくことをオススメいたします。