登録済みのAmazonギフト、どう使う?現金化のテクニックはこちら!

登録済みのAmazonギフト、どう使う?現金化のテクニックはこちら!

「使い道の無いAmazonギフト券の残高。なんとか現金化させられる方法はないの?」と考えている人は多いかと思われます。

しかし残念ながら、一度アカウントに登録されてしまったAmazonギフト券の買取は、一般的には行われていません。
ただし、テクニック次第ではアカウントに登録済みのAmazonギフト券であっても現金に換えることは可能です。

今回の記事では、登録済みのAmazonギフト券を最大限に活用するテクニックについてお話していきます。

登録済みのAmazonギフト券を、買取サイトで換金する方法

厳密には、一度アカウントに登録してしまったAmazonギフト券を買取サイトに売ることはできません。

しかし、「別の商品に換えてからそれを売って現金化する」という方法なら可能になりますよね?
そこでオススメなのが、Amazonギフト券の残高を使って、比較的現金化が容易である金券やギフトカードを購入する方法です。

購入した後は、その金券やギフトカードを買取サイトで現金化させるだけなので、シンプルかつ確実性の高い現金化の手段になります。
デメリットとしては、Amazonギフト券そのものを売る場合に比べると買取率が低いことです。

一例として、買取サイト・金券買取EX(https://kinken-ex.com/)における平均的なギフト券買取率の違いはこのようになっています。

  • Amazonギフト…87〜90%
  • iTunesギフト…80〜82%
  • Google playギフト…80〜82%
  • 楽天ポイントギフト…87〜89%
  • WebMoneyギフト…83〜85%

Amazonギフト券以外で1番買取率が良いのは楽天ポイントギフトです。

ただ元々は一度登録してしまっている「使用済みのAmazonギフト券」を現金化させる為の苦肉の策ですから、多少換金率が落ちてしまうのは仕方ないと考えざるを得ません。

また他には、ブランド品・ゲーム類などの高額商品を買って、それを質屋やオークションなどで現金化させる方法もあるにはあります。
しかし各種商品における価格相場などの知識が豊富でない人がやると、予想よりもはるかに低い金額で現金化されてしまう結果に繋がりやすいです。

せどりや転売の知識が豊富でない限り、利益率が大幅に下がってしまうリスクがある為あまりオススメはできません。

どうして登録済みのAmazonギフトは買い取ってもらえないの?

いくら登録したといっても、残高はしっかり残ってるんだから買取ってくれても良いのになぁ…って思ったことはありませんか?

ですが、各種買取サイトが登録済みのAmazonギフトの買取りを行わないのにはちゃんとした理由があります。

まず前提として、一度Amazonアカウントに登録してしまったAmazonギフトは、他のアカウントに移動させることができなくなってしまいます。
したがって事実上、第三者にAmazonギフト残高を譲るという行為自体が不可能という事になるのです。

仮になんらかの方法で登録済みのAmazonギフトを買い取ったところで、未使用のAmazonギフト券ではない時点で他者に売ることができないので、買取サイト側は利益を出すことができません。

よって登録済みのAmazonギフトを買い取れない理由は以下のようになります。

  • Amazonギフト残高を別のアカウントに移すことができないから
  • 買取サイト側の利益に繋げられず、商売にならなくなるから

Amazonアカウントの買取は危険なので要注意!

アカウント登録済みのAmazonギフト券を買い取ってもらう方法として、「アカウントそのものを買い取ってもらう」というテクニックもありますが、この方法はオススメできません。

確かにアカウントそのものを買い取ってもらえたらAmazonギフト券の残高ごと現金化させることが可能にはなります。

しかしこの方法はまさに「諸刃の剣」であり、危険性の高い方法なのです。

ここからは、アカウントを買い取られる事のデメリット・危険性について詳しくお話していきます。

個人情報がバレる危険性

アカウントを売る=アカウントの中身を業者にすべて見られてしまうということです。

「売る前に個人情報は極力消すから大丈夫!」と言っても、注文履歴に記載された届け先の住所までは消すことができません。
今までAmazonで買った商品を自宅の住所に送っていた場合、当然自宅住所が業者にバレてしまうこととなります。

クレジットカード情報がバレる危険性

もしうっかりクレジットカード情報を消去せずにAmazonアカウントを売ってしまったら大変なことになります。
クレジットカードの番号などがそのまま第三者に伝わってしまうことになり、悪用される危険性が高まるからです。

もしもAmazonアカウントを売却した先が悪徳業者だったら…と考えるとゾッとしませんか?

Amazonアカウントの再登録が難しくなるデメリット

一般的に、Amazonアカウントを1人で複数作るというのは至難の技です。

名前はもちろん住所・メールアドレス・電話番号・クレジットカード情報・銀行口座などどれか一つでも一致している場合、アカウントの再登録は不可となってしまいます。

上記すべてを別のものに変えて登録すればできないこともないですが、家族など第三者の協力がどうしても必要になってくるでしょう。

Amazonアカウントを売ってしまったばかりに、二度と自分名義でのアカウントを作れなくなるのは相当なデメリットです。

まとめ

それでは、「登録済みのAmazonギフト残高を活用する方法」について最後にもう一度まとめておきましょう。

  • 一度アカウントに登録したAmazonギフトは、他の商品に換えてからの現金化が基本ルート
  • 登録済みのAmazonギフト残高が、Amazonの仕様上第三者に渡すことが不可能(よって買取サイトでも対応できない)
  • Amazonアカウントそのものの売却は危険なのでオススメできない

Amazonギフト券で買った金券を売りたい時は、こちらのサイトを利用するのがオススメです。

金券買取EX(https://kinken-ex.com/

特に使い道もないのにうっかり登録してしまったAmazonギフト券の残高処理にお悩みの人は、ぜひ「現金化」という方法も検討してみてください。